サイトアイコンがリニューアル!
ぜひホーム画面に追加してCheckしてみてね!

トラクションコントロールとは【なぜOFFスイッチがあるの?】

トラクションコントロールシステム

安全運転支援を目的としたコンピューターによる自動制御は、近年の自動車に当たり前のように搭載されています。

今回はそのなかの一つ『トラクションコントロールシステム』という安全装置の役割と使い方をご紹介していきます。

ラクションコントロールシステムとは

噛み合う歯車と赤いハート

トラクションコントロールとは

タイヤが空転しないように、自動的にトラクション(駆動力)を制御することをトラクションコントロールといいます。

ABS(アンチロックブレーキシステム)が止まるための制御をする反面、トラクションコントロールシステムは走ることを制御するための運転支援装置です。

ABSと組み合わせて横滑り防止としての機能もはたすことがあります。

マシタ ヒロナリ

このトラクションコントロールはエンジン制御により行われているのです。

どんな状況で作動するシステム?


ウエット路面や氷雪路面などの悪路では、アクセルを踏みすぎるとタイヤが空転することがあります。

その際にもし踏みすぎたとても、タイヤを空転させないようにエンジン出力を抑えてトラクションを制御してくれるのです。


これにより、発進時はもちろん加速時も無駄なく路面へのトラクションを確保して、車を前に進ませることができます。

ぜOFFスイッチがあるの?

横滑り防止装置OFFスイッチ

トラクションコントロールをOFFにする方法

安全装置なのでわざわざ解除する必要がないと思いがちですが、たいていのトラクションコントロールシステム装着車にはOFFスイッチがついています。

上記の写真のようなマークだったり、TCS OFFなどと書かれたスイッチで、OFFにすることでメーター周りにランプが点灯します。

横滑り防止装置がついている場合は、ボタン操作によりトラクションコントロールシステムのみをOFFにもできるので説明書で確認してみよう。

マシタ ヒロナリ

安全機能なので基本的にはONにしたままが望ましいです!

スイッチでオフにする状況とは

雪やぬかるみにはまってしまうスタック状態では、タイヤの空転を防ぐためのトラクションコントロールが働いてしまい、エンジンの出力を抑制してしまいます。

こうなってしまうと駆動力が抑えられて、スタック状態からの脱出が困難になってしまいます。

そんなときはトラクションコントロールシステムをOFF、もしくは横滑り防止装置をOFFにすることで、タイヤを空転させながらもスタック状態から脱出しやすくなります。

また、サーキットでスポーツ走行をする際にエンジン出力が抑えられる制御が邪魔になるので、OFFにして走行したりします。

のくらい優秀な制御機能なのか

トラクションコントロールシステムがエンジン出力を最適化することで、誰でも悪路での発進が容易になり、安定した走りをすることができます。

ドライバーのアクセルテクニックによっても変わりますが、上記動画のように比較した動画を見れば性能の高さがわかりやすいはず。

いまでは技術の向上により、トラクションコントロールシステムとABSを併用した横滑り防止装置が義務化されるほどに信頼される装置となっているのです。

ラクションコントロールのメーカー別の略称

点灯する警告灯

メーカーごとの略称の違い

トラクションコントロールシステムは、メーカーごとに様々な略称で呼ばれることがあります。

  • 一般的な略称…TCSTraction Control System)
  • トヨタ、ダイハツ…TRCTraction Control)
  • 三菱…TCLTraction ControL


たいていは、ステアリングや運転席周りに機能OFFができるスイッチ(ボタン)が装備されています。

判断の目安として、このスイッチがあればあなたの車にはトラクションコントロールシステムが装着されています。

横滑り防止装置にも使われている

ABSとの組み合わせで使われていることも多いので、横滑り防止装置の略称ESC(Electronic Stability Control)スイッチがあってもトラクションコントロールシステムが装着されています。

メーカーごとの略称は以下のとおりです。

  • トヨタ、ダイハツ…VSCVehicle Stability Control)
  • 日産、スズキ、スバル…VDCVehicle Dynamics Control)
  • ホンダ…VSAVehicle Stability Assist)
  • マツダ…DSCDynamic Stability Control)

とめ

☑トラクションコントロールシステムとはタイヤが空転するのを防ぐためにある
☑ABSとの併用により横滑り防止装置としても機能する車種もある
☑スタックした場合はトラクションコントロールシステムをOFFにすると脱出しやすくなる
☑メーカーごとに略称がことなるものもある

どんなに優秀な安全装置がついていたとしても、それを過信しすぎてはいけません。

ドライバー自身が安全な運転を心掛けることが最も大事なはずです。

ABSの役割と作動条件【車のABSとは】うまく作動しないこともある?!正しい使い方を解説!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それではこのあとも引き続き、当ブログ『またたびCarfe』でゆっくりとお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA