サイトアイコンがリニューアル!
ぜひホーム画面に追加してCheckしてみてね!

【アイスバーンは危険!】凍結した路面を運転するときのポイントと注意点

アイスバーンは危険!運転時のポイントと注意点

氷雪路は新雪や圧雪路面、シャーベット状の路面などさまざまな状態があります。

そのなかで最も危険な路面状態とされているのが、凍結した路面=アイスバーンです。

では、どのように運転すれば冬の凍結路で滑るリスクを減らして、安全に走行することができるのでしょうか。

結した路面 「アイスバーン」 とは

冬の朝に凍結した道路

氷のように凍結した路面を「アイスバーン」と呼び、車を運転するうえで最も危険な道路状態といえます。

アイスバーンになるまでの過程や状況で特徴がかわり、3種類に分類されます。

圧雪アイスバーン

積雪した道路上を車が通行して、雪が踏み固められる(圧雪される)ことでできる凍結路です。

車通りが多い雪道で発生しやすいのが特徴で、圧雪アイスバーンの上に新雪が積もると更に滑りやすくなります。

ミラーバーン(鏡面圧雪)

光を反射するほど鏡のようにピカピカに磨かれた凍結路を、ミラーバーンといいます。

タイヤに磨かれることが大きな原因なため、スパイクタイヤが禁止されスタッドレスタイヤが主流となったことで多く発生し始めたアイスバーンです。

発進時のタイヤの空転やブレーキ時にスリップした時の摩擦熱、信号待ちでの車両下の熱で溶けた雪が冷気で氷になるという繰り返しにより硬度を増し、より滑りやすい凍結路となります。

そのため発進・停止が頻繁におこなわれる、交通量の多い交差点付近で発生しやすいのが特徴です。

ブラックアイスバーン

見た目で凍っていると分かりづらく、一見ただの濡れているような黒い路面に見えることからブラックアイスバーンと呼ばれています。

これは雨などで濡れた路面の水分が、凍結して薄い氷の膜ができている状態なのです。

雪があまり降らない地域でも発生することがあります。

結路面を安全に運転するポイントと注意点

凍結した路面を走る車

ドライバーの操作ひとつで簡単にスリップしてスピンしてしまうので、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンを装着していても、決して過信をしてはいけません。

①急な操作をしない

凍結した道路はとても滑りやすいため、いつも以上に急な操作をしないように運転することが大切です。

急なアクセル・ブレーキ・ハンドル操作をしないで、ゆるやかに加速と減速を行うようにして、スリップしない運転を心がけましょう。

加速を制御するスノーモードがついていれば、ぜひ使うようにすると良いです。

②車間距離をあける

凍結路では制動距離が長くなるため、前との車間を普段以上にあけて早めからブレーキをゆっくりと踏み始めましょう。

③車速をおさえる

下り坂やカーブの手前では、十分に減速してから走行します。

また直線道路だからと油断してスピードをだしていると、スリップしたらどうにも止まらなくなってしまうので車速をおさえましょう。

直線道路でも、わだちや凸凹した場所がたくさんあり、ハンドルを取られてしまうこともあるのでハンドルもしっかり両手で握ってください。

とくにマンホールの蓋がある場所は、下水の暖気で雪が融けて大きなくぼみとなりますので注意が必要となります。

④基本の「かもしれない運転」

教習所でも教わったとおり、「かもしれない運転」をして危険予測しよう。

ブラックアイスバーンでは凍結してないと思い注意力が下がるため、濡れた路面に見えるからといって油断しないで、「凍結してるかも」と疑うことが大切です。

また昼間に雪が溶けた道路を走っていても、日陰のところではアイスバーンになっていることもあるので「日陰はまだ凍結してるかも」と注意して走行しましょう。

しアイスバーンで滑ってしまったら?

車体のリアが右に流れたらハンドルを右に切る

いくら気を付けて運転していてもスリップしてしまうこともあります。

もし車体の後輪が滑りだしてしまったどのように対処すればいいのでしょうか?

・ハンドル操作により滑りだしたら、ゆっくりとハンドルを戻す
・アクセルを踏んだときに滑り出したら、アクセルを戻す
・ブレーキを踏んだときに滑りだしたら、ブレーキを戻す

そして、車体の後輪(リア)が右に流れたらハンドルを右に切り、左に流れたら左に切るというカウンターステア操作を行うと体制を安定させることができます。

ただし注意が必要で、カウンターステア操作をするときに急ハンドルをしてしまうと、逆に体制が不安定になってしまうことがあるので、ここでもゆっくりしたハンドル操作をします。

後に

運転のポイントさえおさえれば、滑るリスクを大きく下げることができます。

雪が降らなくともアイスバーンは発生するため、冬はいつも以上に慎重な運転を心がけて、常に落ち着いてハンドル・ペダル操作をするようにしよう。

スタッドレスタイヤが氷雪路面に強い理由と走行時の注意点スタッドレスタイヤが氷雪路面に強い理由【走行時の注意点とは!?】

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それではこのあとも引き続き、当ブログ『またたびCarfe』でゆっくりとお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA